前へ
次へ

バーチャルオフィスを利用するメリット

バーチャルオフィスを利用すると、様々なメリットを実感できます。まず、バーチャルオフィスのメリットの一

more

バーチャルオフィスを利用してみよう

バーチャルオフィスは、仮想の事務所をイメージしてもらうといいでしょう。基本的に、事業を行ううえで、住

more

増加をしているバーチャルオフィス

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、テレワークが増えてきています。極力移動をすることを避けて安全に仕

more

バーチャルオフィスのデメリット

バーチャルオフィスは住所を登録しなくても法人登記できることや、オフィスに必要な初期費用を削減できることから人気を博していますが、デメリットもあります。魅力的な部分を理解しつつ、デメリットも理解したうえで契約することが重要です。最も重要なポイントは、実際に作業スペースなどオフィスで存在するスペースを確保できないことだといえます。ご存じの通り、バーチャルオフィスは住所を提供してくれるサービスです。住所を提供するだけで空間そのものを提供するわけではありません。そのため、できるだけ効率よく利用するためには、バーチャルで快適な利用を可能とするために自分たちで仕事をするスペースを確保しなければならないことです。自社の経費でコワーキングスペースを利用するか、あるいは自宅を作業場とするのかは企業の判断によりますが、効率よく利用するためには社員と相談の上活用したほうがいいでしょう。なお、個人事業主であれば自宅で作業をすることで効率よく作業できるのは事実です。ただし子育て中の場合やペットがいる場合、作業に集中できなくなる恐れがあるため、集中したいのであれば効率よく利用できるスペースを確保することが必須といえます。それ以外にバーチャルオフィスを利用する上でのデメリットは、顧客に住所を検索されたときや住所を頼りに訪問した際に従業員が全く存在しないため、倒産したではないかと疑われる恐れがあることです。事前にアポイントを取らなければ従業員はいないことや、バーチャルオフィスであることを伝えることでトラブルを回避することはできます。ただし、バーチャルオフィスであることを理解しても高齢者などの場合は信頼性が薄れてしまう恐れがあるため、注意が必要です。なお、一部の企業はバーチャルオフィスでは開業できません。許認可が認められていない業種は弁護士・税理士・司法書士などをはじめ、宅地建物取引業や有料職業紹介業です。これらの業種で利用しようと考えても、開業できない可能性が高いため、避けたほうがいいでしょう。

1日で利用可能なバーチャルオフィスをお届け

Page Top